時期を見計らって転職

様々な理由で転職を考えている人は多いのではないだろうか。転職を成功させるためには、タイミングがとても大切になってくる。まず、会社を辞めようと思った時にしっかり考えておきたい事は、勤続年数と自分の年齢と経済面である。勤続年数が短いと、次に就職先を探す時に不利になってくるのである。少なくても2年は在職するようにする事だ。そして自分の年齢だが、次に就こうと考えている職種によっては未経験だとなかなか受け入れてもらえないといった事が考えられる。そのため、職種によって目安となる年齢に近づいている場合には、早めに辞める事を考える方が良いのだ。次に経済面で見ておきたいのは、ボーナスが出る時期や退職金が支給される勤続年数である。少し時期が異なるだけで退職時にこういった手当てがもらえなくなるため、事前にその事は頭に入れておきたい。

次に企業側からの視点で考えると、企業の採用が多くなる時期を狙うのも重要なポイントだ。一般的には3~4月と9月~10月が年度の切り替え時期となるため、退職した人の後に継ぐ者を求人したり新規の事業がスタートしたりするため、中途採用の求人が多くなるのである。しかしこの時期には様々な職種から募集が行なわれているため、選択肢が豊富になる一方で、競争率が高くなる事は注意しておきたい事だ。出来るだけ早く自分に合った職種を見つけて、行動に移す事が何より大切になってくる。前にも述べたが、職種によっては転職のタイミングが異なってくるため、より良い転職にするためにも、事前に調査しておく事が重要なポイントとなる。

2016年6月
     
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930